依藤塚

依藤塚嘉吉元年、赤松氏の家臣依藤惟次は白旗城(上郡町)からの帰り道に城山城の落城を知り、千本の地蔵堂に入って柱に辞世を書きつけて自刃したと伝えられています。そして後に子孫によってこの供養塔が建立されたということです。

文化財マップのページへ

カレンダー

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031